人それぞれ

バストが大きすぎて悩んでいる、これはバストアップを目指す人にとってみれば羨ましいことですが、バストが大きいことによるデメリットもいくつかあるので、メリットを把握すると共に覚えておくとよいでしょう。

胸が小さくて悩む女性がいると同時に胸が大きくて悩む女性もいて、そのデメリットのひとつには一目につきすぎるという問題です。

適度な胸の大きさならばそれほど目立たないのですが、あまりにも大きすぎるバストを持っている女性は、非常に目立ちます。

全く見ず知らずの男性からいきなり胸を凝視されたり、社会に出てからも胸に関する冗談で嫌な思いをしてしまったりと、大きすぎるというのもデメリットに繋がるようです。

また、バストが大きすぎて疲れるという女性も多く、胸は脂肪の塊でもありますので、ある程度の大きさのバストともなれば2つの重しを24時間身につけているのと同じようなものとなります。

このため、肩こりが酷かったり、その他の部分に異常をきたしたりと、胸が小さな女性にはわからないようなデメリットもあるのです。

また、胸が大きいことを存分に活用するならばファッションの幅が広がるのですが、あまり胸が大きいと思われたくないという人は逆にファッションの幅を狭めてしまうこともあるようです。

胸が大きい人が露出の多い服装をした場合は確実に目立つことになりますので、本当は露出の大きい服装をしたいけど、泣く泣くあきらめているという人もいます。

このような胸が大きくなった場合のデメリットについても把握してみてはいかがでしょう。